あなたのプログラマとしての価値は今いくら?プログラマの年収、徹底解剖!

プログラマの価値とは?【年収エンジン】

実際いくら稼いでる?プログラマの年収実態に迫る! キャッチコピー 特集:プログラマは過酷な仕事なのか

プログラマの価値とは?【年収エンジン】

人材不足、エンジニア不足といわれて久しいIT業界において、プログラマの価値はいかほどのものでしょうか。プログラマの価値を、年収を基準に考えてみましょう。一言で、プログラマといっても、そのスキルにはピンからキリまでの差があります。その年収にも差がありますが、スキルの差に比例するほどの格差はないかもしれません。プログラマの平均年収と自分の年収を比べてみて、納得がいかなければ転職を検討するのもアリかもしれません!

プログラマの価値とは

プログラマの価値とはプログラマの価値をはかる基準は、いくつかあると思いますが、一番わかりやすいのは年収でしょう。どんなに優れたプログラマでも勤め先によってはその価値に見合わない年収で働かされている可能性も十分にあります。逆に、さほどスキルがなくても勤務先にめぐまれてラッキーなプログラマもいることでしょう。そもそもプログラマ全体の年収は高いのか低いのか?という視点から、プログラマの人材不足の実態、職業的な資格の問題、そして年齢的な問題などをそれぞれ見ていきたいと思います。35歳定年説などもあるほど、若手がのぞまれるプログラマ業界の年収とその実情、あなたはどう思いますか?プログラマの価値とはの詳細を見る >

プログラマとシステムエンジニアの年収

プログラマとシステムエンジニアの年収プログラマの中には、とにかくプログラミングを愛している!プログラマ以外の仕事はしたくない!というタイプの人も少なくありません。その一方で、プログラマの仕事を単なる通過点として捉え、システムエンジニアからプロジェクトマネージャー、そして管理職やコンサルティングなどの上流工程へステップアップして、着実に年収をあげていくタイプの人もいます。そこで、プログラマの平均年収とあわせて、システムエンジニアの平均年収もあわせて紹介してみたいと思います。どちらもIT系の技術職ですが、その年収にはやはりそれなりの差があるようです。プログラマとシステムエンジニアの年収の詳細を見る >

プログラマは転職で年収アップ

プログラマは転職で年収アップ残業代でごまかされ、なかなか給料があがらない。年に一度の昇給額もほんのわずか。賞与もそこそこ。いつになったら年収が上がるんだ・・・。そんな不満を抱えているプログラマなら、転職を考えてみるべきかもしれません。先に紹介したプログラマの平均年収調査結果を見ても、プログラマの平均年収はここ10年変化がありません。しかし、その一方でIT業界全体が人手不足に悩んでいます。プログラマの求人市場は常に需要過多で、各企業がこぞって優秀なエンジニア・プログラマを探しています。実績やスキルのあるプログラマなら、転職で大幅な年収アップをかなえることも可能です。プログラマは転職で年収アップの詳細を見る >

最近の記事

プログラマは過酷な仕事なのか

プログラマの仕事は過酷だというイメージが強いと思いますが、実態はどうなのでしょうか。プログラマの年収とその価値を見ていく上で、プログラマの仕事、労働環境自体に目を向けてみましょう。続き >

プログラマの平均年収

具体的なプログラマの平均年収を、厚生労働省の調査結果をもとに紹介しています。プログラマの平均年収はここ10年間、ほとんど変わらず横ばいであること、長時間労働の上に成り立つ年収であることが見逃せない部分です。続き >

プログラマが転職時に年収をアップさせる方法

年収アップを目的に転職するプログラマが増えています。なかなか上がらない給料にイライラしながら年に一度の昇給を待つよりも、需要過多になっているIT求人市場で転職したほうが、効率よく年収アップができるというのが実情かもしれません。続き >

おすすめの記事

プログラマ35歳定年説

過酷な労働環境に耐え、次々に自分自身の知識とスキルを上書きしていかなければならないプログラマ。そのせいもあり、プログラマの定年は35歳と言われます。しかし、実際には40歳、50歳を超えても現役で働くベテランプログラマも存在します。続き >

プログラマとシステムエンジニアの年収には大きな開き

年収アップとスキルアップへの手段として、システムエンジニアを目指すプログラマが多くいます。実際、システムエンジニアとプログラマの平均年収にはどのぐらいの差があるのかを調べてみました。この年収の差には、年齢差も影響しているようです。続き >

外資系企業のプログラマへの転職

プログラマやシステムエンジニアが年収アップ転職をするなら、目をつけたいのが外資系企業への転職です。外資系企業では、エンジニアの年収が日本企業の2割から3割ほど高い場合もあるようです。続き >