年収をあげたいプログラマは転職が正解?年収アップ転職への道

プログラマの価値とは?【年収エンジン】

実際いくら稼いでる?プログラマの年収実態に迫る! キャッチコピー 特集:プログラマは過酷な仕事なのか

プログラマは転職で年収アップ

現在の年収に納得がいかないプログラマも多いでしょう。プログラマが年収アップを図る上では、IT業界の人手不足を逆手にとって転職するのが手っ取り早い方法です。同じ企業で昇給を待っていてもなかなか上がらない場合が多いと思います。しかし実際のところ、IT業界のエンジニア求人は常に需要過多で、プログラマから見れば入れ食い状態です。

プログラマが転職時に年収をアップさせる方法

厚生労働省が発表した『雇用動向調査』によれば、転職して年収がアップする人の割合は平成24年の31.8%から平成25年は33.0%へ若干アップしており、近年、増加傾向にある様です。始めに、20才から24才の「第2新卒」世代は、若さと一通りの社会経験を身につけたことを武器として転職で年収アップを勝ち取っているものと推定します。次に、30才から34才の世代は、応募した会社の弱みを自身が身につけたこれまでの経験を生かして、会社に貢献できることをアピールして年収アップを勝ち取っているようです。年収アップの転職に必要なのは、売上げに貢献できるかどうかという視点です。プログラマが転職時に年収をアップさせる方法の続きはこちら >

給料が高いイメージがある外資系企業

外資系企業は、年収アップを目指すプログラマにとって魅力的な転職先の1つといえるでしょう。外資系企業は世間のイメージ通り日系企業よりも2割から3割ほど給料が高いことが多いようです。転職者の割合が高い職場でもあるため、転職者でも働きやすいでしょう。外資系企業のもう1つのイメージとして英語を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。確かに公用語が英語である外資系企業もありますが、本社からのメールだけしか英語を使わない外資系企業もあります。どれくらい英語力が必要なのかは企業によって異なるのです。しかし、英語力が採用時の判断材料となっていることが多いため、転職前に英語力を磨いておいた方が良いでしょう。給料が高いイメージがある外資系企業の続きはこちら >

転職ではなくフリーランスという選択肢

年収アップを目指して転職をするという選択肢もありますが、プログラマはフリーランスになるという選択肢も選べます。フリーランスは携わりたい案件や休日などを自分の意思で決めることができ、この自由度の高さが魅力です。また案件ごとに契約を結ぶため、自分の実力や努力次第では高収入も狙えます。人によっては年収1000万円を稼ぐこともできるでしょう。しかしその反面、デメリットも存在します。案件が獲得できなければ収入は得られず、税金や保険の処理も自分で行わなければならないのです。しかしこのようなフリーランスのデメリットは、エージェントを利用することである程度は解消できるでしょう。転職ではなくフリーランスという選択肢の続きはこちら >

最近の記事

プログラマは過酷な仕事なのか

プログラマの仕事は過酷だというイメージが強いと思いますが、実態はどうなのでしょうか。プログラマの年収とその価値を見ていく上で、プログラマの仕事、労働環境自体に目を向けてみましょう。続き >

プログラマの平均年収

具体的なプログラマの平均年収を、厚生労働省の調査結果をもとに紹介しています。プログラマの平均年収はここ10年間、ほとんど変わらず横ばいであること、長時間労働の上に成り立つ年収であることが見逃せない部分です。続き >

プログラマが転職時に年収をアップさせる方法

年収アップを目的に転職するプログラマが増えています。なかなか上がらない給料にイライラしながら年に一度の昇給を待つよりも、需要過多になっているIT求人市場で転職したほうが、効率よく年収アップができるというのが実情かもしれません。続き >

おすすめの記事

プログラマ35歳定年説

過酷な労働環境に耐え、次々に自分自身の知識とスキルを上書きしていかなければならないプログラマ。そのせいもあり、プログラマの定年は35歳と言われます。しかし、実際には40歳、50歳を超えても現役で働くベテランプログラマも存在します。続き >

プログラマとシステムエンジニアの年収には大きな開き

年収アップとスキルアップへの手段として、システムエンジニアを目指すプログラマが多くいます。実際、システムエンジニアとプログラマの平均年収にはどのぐらいの差があるのかを調べてみました。この年収の差には、年齢差も影響しているようです。続き >

給料が高いイメージがある外資系企業

転職理由が年収アップのプログラマには外資系企業がお勧めです。何故なら、日系企業に比べ2~3割程給料が高いことがあるからです。実力重視で、自分の実力を存分に発揮したい人にぴったりだといえます。外資系企業を専門的に扱っている転職エージェントを利用すると比較的楽に転職できます。続き >