自分の実力に自信があるプログラマはフリーランスもオススメ!

プログラマの価値とは?【年収エンジン】

実際いくら稼いでる?プログラマの年収実態に迫る! キャッチコピー 特集:プログラマは過酷な仕事なのか

転職ではなくフリーランスという選択肢

転職ではなくフリーランスという選択肢 方法は転職だけではない
今の年収に納得できない。その思いから転職を考える人も多いのではないでしょうか。確かに転職は年収アップの方法として有効だといえるでしょう。しかし、年収アップの方法は何も転職だけではありません。独立してフリーランスとして働くという方法でも年収アップが望めるでしょう。むしろ自分の実力に自信がある場合は転職よりも年収を上げられる可能性があり、人によっては年収1000万円を稼ぐことも夢ではないのです。それではフリーランスとはどのような働き方なのか、会社勤めの場合と比較しながら説明します。

フリーランスとは

フリーランスは、会社員のように会社と雇用契約を結ぶのではなく、案件ごとに業務委託契約などの契約を結ぶ働き方です。案件ごとに契約を結ぶため会社の規則などに縛られることがなく、様々なことを自分の意志で自由に決めることができます。自分の興味のある案件に携わったり、プライベートな予定に合わせて休みを取ったりということもできるでしょう。
会社員は予め収入が決まっていますが、フリーランスは自分の実力や努力によって収入が変わります。単価の高い案件やたくさんの案件に携わることで収入を上げることができるのです。しかしそれは反対に言うと、案件が獲得できなければ収入を得ることはできず、常に安定した収入が手に入るわけではないということになります。最悪の場合、収入がゼロということもありえるのです。
また、会社に勤めていた時には会社が行っていた税金や保険料の処理も自分で行う必要があります。プログラマとしての仕事以外にも行わなければならない仕事があるのです。

デメリットは解消できる

上記のようなデメリットのあるフリーランスですが、「レバテックフリーランス」や「Midworks」などのフリーランス向けのエージェントを利用するとある程度そのデメリットも解消することができます。企業と人材のマッチングを行うエージェントを利用することで、自分の希望に合った案件を安定して獲得できるはずです。また、フォロー体制の整ったエージェントではフリーランス特有の悩みの相談にも乗ってもらえるため、初めてフリーランスとして働く場合でも心強いでしょう。

レバテックフリーランス
業界トップクラスの豊富な案件数と精度の高いマッチングが特徴のエージェントです。参画前から参画後までしっかりとしたフォロー体制が整えられており、参画中には不安を抱えていないか相談に乗るフォローランチが行われています。
https://freelance.levtech.jp/

Midworks
福利厚生制度や給与補償制度など、正社員と同等の保障が受けられるよう環境が整えられているエージェントです。確定申告ソフトを無料で利用でき、税金の処理を比較的簡単に行えるという魅力があります。
https://mid-works.com/project

最近の記事

プログラマは過酷な仕事なのか

プログラマの仕事は過酷だというイメージが強いと思いますが、実態はどうなのでしょうか。プログラマの年収とその価値を見ていく上で、プログラマの仕事、労働環境自体に目を向けてみましょう。続き >

プログラマの平均年収

具体的なプログラマの平均年収を、厚生労働省の調査結果をもとに紹介しています。プログラマの平均年収はここ10年間、ほとんど変わらず横ばいであること、長時間労働の上に成り立つ年収であることが見逃せない部分です。続き >

プログラマが転職時に年収をアップさせる方法

年収アップを目的に転職するプログラマが増えています。なかなか上がらない給料にイライラしながら年に一度の昇給を待つよりも、需要過多になっているIT求人市場で転職したほうが、効率よく年収アップができるというのが実情かもしれません。続き >

おすすめの記事

プログラマ35歳定年説

過酷な労働環境に耐え、次々に自分自身の知識とスキルを上書きしていかなければならないプログラマ。そのせいもあり、プログラマの定年は35歳と言われます。しかし、実際には40歳、50歳を超えても現役で働くベテランプログラマも存在します。続き >

プログラマとシステムエンジニアの年収には大きな開き

年収アップとスキルアップへの手段として、システムエンジニアを目指すプログラマが多くいます。実際、システムエンジニアとプログラマの平均年収にはどのぐらいの差があるのかを調べてみました。この年収の差には、年齢差も影響しているようです。続き >

給料が高いイメージがある外資系企業

転職理由が年収アップのプログラマには外資系企業がお勧めです。何故なら、日系企業に比べ2~3割程給料が高いことがあるからです。実力重視で、自分の実力を存分に発揮したい人にぴったりだといえます。外資系企業を専門的に扱っている転職エージェントを利用すると比較的楽に転職できます。続き >