転職時に年収をアップするには、「売上に貢献できる」かどうか

プログラマの価値とは?【年収エンジン】

実際いくら稼いでる?プログラマの年収実態に迫る! キャッチコピー 特集:プログラマは過酷な仕事なのか

プログラマが転職時に年収をアップさせる方法

プログラマが転職時に年収をアップさせる方法 転職で年収アップしている割合
転職して年収がアップする人の割合は、近年増加傾向にあるとのことです。厚生労働省が発表した『平成25年上半期雇用動向調査』の中には、転職入職者の賃金変動状況調査の結果が記載されています。(参照 3(4) 転職入職者の賃金変動状況)
その調査結果では、転職して年収が上がった人の割合は33.0%であり、転職した人の約3人に1人は年収が上がったと回答しています。平成24年の同じ調査において、転職して年収が上がった人の割合は31.8%でしたので、転職で年収が上がる人の割合が増加したということになります。

何を武器として転職で年収アップを勝ち取るか?

転職した人の年齢構成は、19才以下が60.5%、20才から24才が42.8%、25才から29才が37.2%、30才から34才が38.0%となっています。20才から24才は「第2新卒」と呼ばれる年齢層であり、若さと一通りの社会経験を身につけたことを武器としての転職で年収アップを達成しているものと推定します。

30才から34才の年齢層は、これまでの経験を武器として年収アップを勝ち取ることになると思いますが、そのためにはまず面接での受け答えがポイントとなります。転職先に同業他社を選んだ方は、即戦力として働けるという強みをアピールすると同時に、今の会社の年収以上は欲しいと素直に言えると思います。但し、この即戦力で働けるという言葉だけではインパクトがありません。年収をアップさせるためには、会社側に受けがいい「御社のウィークポイントを解消できます」というアピールができるといいと思います。
つまり、転職する時には転職先の会社を良く調べると思いますが、例えば、あなたが営業職で転職しようと思って応募した会社を調べた結果、いい製品を作っているにも関わらずあまり名前が売れていない会社だと判断できた場合には、営業力が足りないというあなたの分析結果の提供と同時に、これまで培ってきた自分の営業力を活かして商品の売上拡大に貢献できるとアピールする事が大切であると思います。

アピールばかりで自信過剰は禁物

どんな会社にも強みと弱みがあり、中途採用を行っている会社は、弱みを克服したいという強い思いがあると思います。従って、会社が考えていた自身の弱みを克服でき「会社に貢献できる」人物だととアピールできれば、希望通りの年収が得られるかもしれません。但し、気を付けたいことは自信過剰にならないこと。できないことまでできると大風呂敷を広げてアピールすると、入社後、実力以上の期待をかけられ、皆の失望を招き痛い目にあうのは明らかです。採用試験で合格するか?否か?がかかった面接のため大風呂敷を広げたい気持ちは分かりますが、あくまでも自身のできることをアピールして「会社に貢献できる」ことを訴え年収アップを勝ち取ってください。

最近の記事

プログラマは過酷な仕事なのか

プログラマの仕事は過酷だというイメージが強いと思いますが、実態はどうなのでしょうか。プログラマの年収とその価値を見ていく上で、プログラマの仕事、労働環境自体に目を向けてみましょう。続き >

プログラマの平均年収

具体的なプログラマの平均年収を、厚生労働省の調査結果をもとに紹介しています。プログラマの平均年収はここ10年間、ほとんど変わらず横ばいであること、長時間労働の上に成り立つ年収であることが見逃せない部分です。続き >

プログラマが転職時に年収をアップさせる方法

年収アップを目的に転職するプログラマが増えています。なかなか上がらない給料にイライラしながら年に一度の昇給を待つよりも、需要過多になっているIT求人市場で転職したほうが、効率よく年収アップができるというのが実情かもしれません。続き >

おすすめの記事

プログラマ35歳定年説

過酷な労働環境に耐え、次々に自分自身の知識とスキルを上書きしていかなければならないプログラマ。そのせいもあり、プログラマの定年は35歳と言われます。しかし、実際には40歳、50歳を超えても現役で働くベテランプログラマも存在します。続き >

プログラマとシステムエンジニアの年収には大きな開き

年収アップとスキルアップへの手段として、システムエンジニアを目指すプログラマが多くいます。実際、システムエンジニアとプログラマの平均年収にはどのぐらいの差があるのかを調べてみました。この年収の差には、年齢差も影響しているようです。続き >

給料が高いイメージがある外資系企業

転職理由が年収アップのプログラマには外資系企業がお勧めです。何故なら、日系企業に比べ2~3割程給料が高いことがあるからです。実力重視で、自分の実力を存分に発揮したい人にぴったりだといえます。外資系企業を専門的に扱っている転職エージェントを利用すると比較的楽に転職できます。続き >