年収の開きは年齢の差?プログラマとシステムエンジニアの年収比較

プログラマの価値とは?【年収エンジン】

実際いくら稼いでる?プログラマの年収実態に迫る! キャッチコピー 特集:プログラマは過酷な仕事なのか

プログラマとシステムエンジニアの年収には大きな開き

プログラマとシステムエンジニアの年収には大きな開き システムエンジニアとプログラマは似たような仕事か?
システムエンジニアとプログラマは、両方ともシステム構築に欠かせない職業であり、システムを構築するという大きなくくりでは似たような仕事であるということができますが、この2つの職業の仕事の内容と年収は似たようなレベルなのでしょうか?

まず、仕事の内容から説明させて頂きます。
システムエンジニアの仕事は、システム構築のベース部分である設計図を作ることです。具体的には、システムを構築したいと思っている依頼主にヒアリングを行い、依頼主がどの様なシステムを構築して欲しいのか?などの依頼主の意向をきちんと聞き取り、システム設計図に確実に反映させることが、システムエンジニアの仕事となります。ある意味、専門性というよりは、ゼネラリストの様にいかにうまくコミニュケーションをとり、依頼主の本当に希望することを依頼主がうまく言葉にできない土台の部分までをも類推してシステムを構築するための情報を入手することです。
このシステムエンジニアが作ったシステム設計図に基づき、より行数の少ない効率的なプログラムを書き上げることがプログラマの仕事です。求めるシステムを構築するのに、どんなプログラム言語を用いて作成した方が、行数の少ない効率的なプログラムにできるのか?など、専門的な知識と技能を発揮してプログラムを作り上げていきます。

プログラマとSEの年収の比較

総務省の「平成24年賃金構造基本統計調査」に基づくプログラマの年収調査結果によると、プログラマの平均年収は419.3万円。平均年齢は31.9歳、平均労働時間は月161時間という結果とのことです。システムの根幹を作成する専門性の高いプログラマの評価としては、平均年収は思ったほど高くはないと感じる人も多いかもしれません。
一方、システムエンジニアの年収をみると、平均年収537.6万円、平均年齢36.4歳、平均労働時間は月157時間という結果でした。プログラマに比べて年齢が5歳ほど上ということもありますが、平均労働時間が少し短いにも関わらず平均年収は約120万円もシステムエンジニアの方が上回っています。
平均年齢から考えると、始めはプログラマで専門的な知識を身につけて、年齢が上がるとシステムエンジニアに昇格して、システム全体を構築する設計図を作る仕事となる流れがある様に感じます。
年収をあげるなら、プログラマからシステムエンジニアにステップアップする必要があります。現在、独学で専門性の高いプログラムの製作方法を学んで、プログラマを目指している人は、将来どんなシステムエンジニアになるのかをイメージしておく方がよいと思います。

最近の記事

プログラマは過酷な仕事なのか

プログラマの仕事は過酷だというイメージが強いと思いますが、実態はどうなのでしょうか。プログラマの年収とその価値を見ていく上で、プログラマの仕事、労働環境自体に目を向けてみましょう。続き >

プログラマの平均年収

具体的なプログラマの平均年収を、厚生労働省の調査結果をもとに紹介しています。プログラマの平均年収はここ10年間、ほとんど変わらず横ばいであること、長時間労働の上に成り立つ年収であることが見逃せない部分です。続き >

プログラマが転職時に年収をアップさせる方法

年収アップを目的に転職するプログラマが増えています。なかなか上がらない給料にイライラしながら年に一度の昇給を待つよりも、需要過多になっているIT求人市場で転職したほうが、効率よく年収アップができるというのが実情かもしれません。続き >

おすすめの記事

プログラマ35歳定年説

過酷な労働環境に耐え、次々に自分自身の知識とスキルを上書きしていかなければならないプログラマ。そのせいもあり、プログラマの定年は35歳と言われます。しかし、実際には40歳、50歳を超えても現役で働くベテランプログラマも存在します。続き >

プログラマとシステムエンジニアの年収には大きな開き

年収アップとスキルアップへの手段として、システムエンジニアを目指すプログラマが多くいます。実際、システムエンジニアとプログラマの平均年収にはどのぐらいの差があるのかを調べてみました。この年収の差には、年齢差も影響しているようです。続き >

給料が高いイメージがある外資系企業

転職理由が年収アップのプログラマには外資系企業がお勧めです。何故なら、日系企業に比べ2~3割程給料が高いことがあるからです。実力重視で、自分の実力を存分に発揮したい人にぴったりだといえます。外資系企業を専門的に扱っている転職エージェントを利用すると比較的楽に転職できます。続き >