人手不足が続くIT業界ですが、プログラマの価値の実態は?

プログラマの価値とは?【年収エンジン】

実際いくら稼いでる?プログラマの年収実態に迫る! キャッチコピー 特集:プログラマは過酷な仕事なのか

プログラマの価値とは

プログラマという職業の価値について、IT業界全体で見たときの量的な観点から、プログラマ人材不足の実態、プログラマという職業の資格の問題、35歳定年説というアスリート並みの年齢的な観点など、いくつかの角度から見てみたいと思います。

プログラマは過酷な仕事なのか

プログラマの仕事は、プログラムを生み出すコーディング作業からシステムの日々のメンテナンスまで、プログラムに関しては幅広く対応する必要があります。特に、自分が管理している顧客のシステムに突然障害が起こった場合は、いち早く復旧させるために、現在行っているプログラムの作成を止めて、現場に駆けつけ、いち早く復旧させるために非常に過酷な現場となることがあります。この様な過酷な仕事であるため、「35才定年制」と揶揄されてる様に、若い頃は体力が
あってこなせていた仕事が高齢となりプログラマ自身が体力の限界を感じ始め、どんどんIT業界から他の業界へ転出していっており、IT業界は人手不足となっています。プログラマは過酷な仕事なのかの続きはこちら >

プログラマの資格

資格や免許がなくても、プログラマとして働くことはできますが、年収アップやキャリアアップを目指すなら資格は有効活用できるツールとなります。プログラマの資格には、分野やレベルによって、様々な試験がありますが、どの資格も、できれば時間が自由になる学生時代に取得しておくのがベターです。これら資格取得を推奨する理由は、資格取得していれば仕事ができるということにはなりませんが、資格試験のために身につけた知識が、将来仕事についてからの成長率に良い影響を与えるであろうという期待や、トータルエンジニアとして独り立ちするためにも役立つと考えられるからです。就職活動などでの採用時にPRできたり、会社によっては、資格手当が支給されるなどの経済的メリットも期待できます。プログラマの資格の続きはこちら >

求められるプログラマ

価値をあげて年収に反映させるには、ニーズをつかむことが近道でしょう。いま求められるプログラマの姿を紹介します。まず、指示されたことがきちんとできる、責任感がある、問題が解決できる、プロジェクトロードが見えるという特徴をあげることができます。仕事はチームで行うことが主なので、指示されたことができ、またそのことに責任感を持ってやり遂げるということが必要です。問題解決も、助けてもらいながらすべきものとそうでないものがあります。自分ができることは確実にやっていかなければなりません。反対に、勤務態度が怠慢で仕事を理解しておらず、指示待ち族的な発想で受身のプログラマは年収アップも見込めません。求められるプログラマの続きはこちら >

プログラマ35歳定年説

プログラマは35歳が定年(限界)という説を聞いたことがある人も多いと思いますが、本当にそうなのでしょうか。確かに35歳を過ぎると管理職になり現場に出ることが少なくなる人が多いと思います。しかし、大手企業では少ないかもしれませんが、規模の小さい会社ではそれなりに存在します。ベテランプログラマになると、一人でクライアントとの打ち合わせから納品までを行うこともあり、そのソースコードは洗練されていて経験値を感じられるものでなければなりません。マネジメントをしたければ管理職になり、プログラムを書き続けたければ小さい会社に転職したり起業したりしてプログラマとして働き続けることができます。どういったキャリアを歩むかは自分次第だといえそうです。プログラマ35歳定年説の続きはこちら >

最近の記事

プログラマは過酷な仕事なのか

プログラマの仕事は過酷だというイメージが強いと思いますが、実態はどうなのでしょうか。プログラマの年収とその価値を見ていく上で、プログラマの仕事、労働環境自体に目を向けてみましょう。続き >

プログラマの平均年収

具体的なプログラマの平均年収を、厚生労働省の調査結果をもとに紹介しています。プログラマの平均年収はここ10年間、ほとんど変わらず横ばいであること、長時間労働の上に成り立つ年収であることが見逃せない部分です。続き >

プログラマが転職時に年収をアップさせる方法

年収アップを目的に転職するプログラマが増えています。なかなか上がらない給料にイライラしながら年に一度の昇給を待つよりも、需要過多になっているIT求人市場で転職したほうが、効率よく年収アップができるというのが実情かもしれません。続き >

おすすめの記事

プログラマ35歳定年説

過酷な労働環境に耐え、次々に自分自身の知識とスキルを上書きしていかなければならないプログラマ。そのせいもあり、プログラマの定年は35歳と言われます。しかし、実際には40歳、50歳を超えても現役で働くベテランプログラマも存在します。続き >

プログラマとシステムエンジニアの年収には大きな開き

年収アップとスキルアップへの手段として、システムエンジニアを目指すプログラマが多くいます。実際、システムエンジニアとプログラマの平均年収にはどのぐらいの差があるのかを調べてみました。この年収の差には、年齢差も影響しているようです。続き >

給料が高いイメージがある外資系企業

転職理由が年収アップのプログラマには外資系企業がお勧めです。何故なら、日系企業に比べ2~3割程給料が高いことがあるからです。実力重視で、自分の実力を存分に発揮したい人にぴったりだといえます。外資系企業を専門的に扱っている転職エージェントを利用すると比較的楽に転職できます。続き >