年収アップを目指すなら、求められるプログラマ像を知れ!

プログラマの価値とは?【年収エンジン】

実際いくら稼いでる?プログラマの年収実態に迫る! キャッチコピー 特集:プログラマは過酷な仕事なのか

求められるプログラマ

求められるプログラマ 技術者としてダメなプログラマ
求められる人とは正反対なダメな例を3つあげます。
1つめは勤怠な人です。頻繁に欠勤されるとプロジェクトの進行に影響が出ます。特に当日休暇をされると、その人がいないと決められないことやその人でないと分からないこともあるため、いくら能力があっても敬遠されます。
2つめは仕事を理解していない人です。これは主にスキル不足が原因です。
3つめは自発的に行動できない、もしくはやるきのない人です。何も聞かされずに放り込まれて、右左も分かっておらず呆然としているということもあるかもしれませんが、わからないことがあったら質問し、自分の仕事を進める努力をしなければなりません。

求められるプログラマとは

では求められるプログラマとはどういった人でしょうか。4つの特徴があります。
まず指示されたことをきちんとできるということです。スキル不足でできないことは仕方がないので、できないとはっきり意思表示すべきです。しかし、あまりにもできないことが多すぎると何もできなくなってしまいます。したがって自分の現在のスキルを正しく知っていて、少し調べればできることなのか、それとも全くできないレベルなのか判断できなければなりません。言われてもいないことをやって何をやっているのか分からなくなる、という状態も回避しなければなりません。言われたことができるようになったら自分から何かをしていくことを考えましょう。
2つめは責任感があることです。納期の関係で定時に帰れないようなプロジェクトもありますが、そのような際に人に押し付けたりタイミングを計って作業したりするのは好まれません。責任感をもつことでプログラムの品質も高くなります。
3つめは問題が解決できるということです。自分だけで解決できない場合には相談することが必要なのですが、自分の問題でプロジェクトの進行が遅れるような事態を避けるためにも、なるべく自分で解決することが必要です。
そして最後にプロジェクトロードが見えているということです。これは主にリーダーに求められるものなのですが、困難なプロジェクトの場合において何が問題になっているのか、最終目的のためにはどういった優先順位をつけるべきかなどを導き出さなければなりません。そしてその道筋に沿って問題を解決していくのです。経験を積むごとに直感的に導き出せるようになってくるもので、客観的に証明できるわけではないのですが重要なスキルの一つです。
仕事をするからには、単に人数あわせの人員としてではなく、頼られて任されるような人になった方が今後のキャリアパスや人生プランにおいてもプラスになると思います。惰性で働いているとリストラされるということもありえますので、求められる人材になるべきです。

最近の記事

プログラマは過酷な仕事なのか

プログラマの仕事は過酷だというイメージが強いと思いますが、実態はどうなのでしょうか。プログラマの年収とその価値を見ていく上で、プログラマの仕事、労働環境自体に目を向けてみましょう。続き >

プログラマの平均年収

具体的なプログラマの平均年収を、厚生労働省の調査結果をもとに紹介しています。プログラマの平均年収はここ10年間、ほとんど変わらず横ばいであること、長時間労働の上に成り立つ年収であることが見逃せない部分です。続き >

プログラマが転職時に年収をアップさせる方法

年収アップを目的に転職するプログラマが増えています。なかなか上がらない給料にイライラしながら年に一度の昇給を待つよりも、需要過多になっているIT求人市場で転職したほうが、効率よく年収アップができるというのが実情かもしれません。続き >

おすすめの記事

プログラマ35歳定年説

過酷な労働環境に耐え、次々に自分自身の知識とスキルを上書きしていかなければならないプログラマ。そのせいもあり、プログラマの定年は35歳と言われます。しかし、実際には40歳、50歳を超えても現役で働くベテランプログラマも存在します。続き >

プログラマとシステムエンジニアの年収には大きな開き

年収アップとスキルアップへの手段として、システムエンジニアを目指すプログラマが多くいます。実際、システムエンジニアとプログラマの平均年収にはどのぐらいの差があるのかを調べてみました。この年収の差には、年齢差も影響しているようです。続き >

給料が高いイメージがある外資系企業

転職理由が年収アップのプログラマには外資系企業がお勧めです。何故なら、日系企業に比べ2~3割程給料が高いことがあるからです。実力重視で、自分の実力を存分に発揮したい人にぴったりだといえます。外資系企業を専門的に扱っている転職エージェントを利用すると比較的楽に転職できます。続き >